革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

包丁の部位

ビル

包丁のどの部分を使って料理するでしょうか。
一般的に包丁は刃の部分しか使ったことがないかもしれません。
しかし、刃以外でも、包丁にはいろいろな部位があり、それぞれ使い方も異なってきます。
まず、切っ先、そりは魚をさばく際大活躍する部分です。
また、肉の筋切りなどにも用います。
また、刃先という部分があります。
これは、包丁の刃の上の部分です。
ここも魚、肉、野菜を押し切りする際使用します。
また、魚の皮引きにも使えます。
また、刃元は刃先よりも柄のほうによった所です。
これは、野菜を剥ぐときや、魚の頭を割る時に使用します。
あごとは、包丁の根元です。
よく見られるのは、じゃがいもの芽を取り除く時に使用します。
部位によりこれだけ多様な作業が一本の包丁でできます。

風評被害対策

2ch 削除

ゴキブリ 大阪

関連情報

包丁の部位に適した使い方

一本の包丁で多種多様な使い方ができることをご存知でしたか?例えば、包丁には平と呼ばれる部分があります

包丁の重心

包丁を使う際の基本として、包丁の持ち方、包丁を持つ際の立ち位置に気をつけながら、包丁をまな板に向かっ

包丁の手入れ

包丁の手入れをどれだけ丁寧にするかにより包丁も長く持ったり、すぐ傷んだりします。
包丁の手入れ

包丁を使用の際の素材の持ち方

野菜の切り口によりでき上がりの見栄えや美しさが変わってきます。
そのため、野菜の切れ口を美しく